スポンサーリンク

桜の花びらが落ちる速度を知っていますか

新海誠監督作品
「秒速5センチメートル」

アニメーション映画「君の名は。」が大ヒットし

世界からも高い評価を受けている 新海誠 監督

そんな新海誠監督が2007年に手掛けた

連作アニメーション作品 「秒速5センチメートル」

三部構成となるこの作品

私はアニメーションを観る前に小説も読みました

ストーリーは知っているのに見たくなる映像美、そして

内容を知っているからこそ見たくなるシーンがあります

物語の主人公は遠野貴樹と篠原明里

第一部「桜花抄」

小学生の男子と女子の日常から始まっていきます

お互いを必要な存在だと意識していたのに

小学校卒業後、親の転勤で離れ離れになる二人

そして再会の約束をするが、、、

第二部「コスモナウト」

こちらは、明里とは別の女の子の視点から描かれていて

最初はあれ?お話は続かないの?って思ってしまいました

そこが新海誠監督の世界観

全く別の視点からの描写で、遠野貴樹という人物を映し出しています

第三部「秒速5センチメートル」

大人になった遠野貴樹の回想

彼の心はいったいどこに置いてきてしまったのか

気が付くことは出来るのか?

そして再び明里と出会うことはかなうのか?

小学生時代から、中学、高校、そして大人へと

一人の男の子が男性へと変わっていく様

心が追い付いているのか、魂はどこにあるのか

切なくなったり、歯がゆかったり、

最後はグッとこちらの心を掴まれるそんな作品です

こちらは小説

コメント